きういノート

自由帳

ドルオタの時の話

別に誰かに何かを伝えたい訳でもなく、ただ何となく少し昔の話をしたくなった。ちょっと文が散らかってるかもしれない。

 1年くらいアイドルのオタクをしていた。毎週のように無銭ライブに通い、月に1回3000円程払って定期ライブを見て、有り金の殆どを握手券に注ぎ込み、推しと話す事を生き甲斐としていた。

中高を男子校で過ごした僕にとって生身の女性と握手をする行為がどれだけ非日常的であったかは言うまでもない。周りのオタクに『アイドルって手の届かない存在だからこそ良いよね…』とか宣いながら、完全にガチ恋していた。

部活と勉強に塗れた高校生活を送っていた俺から見た趣味の世界は、余りにも楽し過ぎた。仲良くなったオタクとライブ後に公園や道端で酒を飲みながら色々な事を喋ったし、ライブ中はコールmix推しジャンオタ芸口上振りコピ、やってて楽しい事は何でも覚えてやってた。ライブ会場の一番後ろは縦横無尽に駆け回る俺の為のスペースだった。

右も左も分からずに飛び込んだアイドルの世界が何故か地下ドルだった。メジャーアイドルに不思議と興味は湧かなかった。自分の推しの居るグループこそが自分にとってアイドルの世界の全てだった。

 ただ、自分の視野がめちゃくちゃ狭かった分、飽きるのも早かったように思う。ライブの動員は200人程で、いつもライブに来ているオタクに顔は覚えられるし、今よりもコミュニケーションは苦手だったし、推しにTwitter見てるって言われたり…。兎に角、人と人との距離感がめちゃくちゃ近くて、居心地はハッキリ言って良くなかった。や、その近さは裏を返すと地下ドルの良いところでもあったんだけどさ、精神的なコストが大きくて俺には耐えられなかったなぁ…。悪口みたいになっちゃったね、すまぬ。

飽きたから色々と辞めた、ライブに通うのも、ライブで声を出す事も。距離感も自分で調節するしかないって気付いた。

 ライブを楽しむ為の術*1を沢山身に付けてきたけど、次第に虚無感を覚えるようになった。それらの行為って本当にライブの楽しさの根本にあるのかなぁ…って考えていた。ライブで感じる楽しさの本質って、演者から享受される部分にこそあるのかもなぁ...って強く思うようになった。

 

そんな俺が"心"一つでライブを楽しめるAqoursと出会うのは、もう少し先のお話。

*1:コールmix推しジャンオタ芸口上振りコピモッシュサークル等

3rdライブ。

ライブ後に涙が止まらなくなり、心が感動に支配された1stのようなライブになると勝手に思っていた。アニメ2期の内容を振り返りながら進んでいくライブは確かに1stを彷彿とさせたが、9人からあの頃の初々しさは全く感じられず、2ndライブから更に1回りも2回りも大きくなって、またAqoursは僕の前に姿を見せた。

ライブ全体を包んでいた前向きな雰囲気はアニメ2期の"未来へ向かおう"って姿勢がありのままに出ていたと思った。だからか感動した事は沢山あっけど、終わった後は不思議と晴れやかな気分になって居て、ただ漠然と幸せだなぁ…って気持ちを噛み締めていた。

唐突だが、MIRACLE WAVEで感じた事だけは書き残したかったのでここに記す。ロンダートからバク転までの僅かな時間、サビ前の音楽がもう一巡して。その瞬間に息が出来なくなって、僕には祈ることしか出来なくて。あの数秒がずっと続く気さえして、だから少しの沈黙の後にバク転を成功させた伊波杏樹さんを見た時は本当に嬉しくて。恐らく大技がどうとかは関係なくて、1回の成功の裏にあった伊波杏樹さんの弛まぬ努力と、アニメで果南の過去を肯定しようと努力した高海千歌の姿が重なって見えて。キャストとキャラのシンクロってこういう事なんだなぁ…って思った。

ステージの上で円陣を組んで喜びを分かちあってるAqoursを見ると、言い様のない感情が溢れてしまって。10人目のAqoursとしてライブに参加している気で自分はいるけど、あの9人が作る輪の中に僕が入り込める余地は1mmもなくて、でもそれが何故かとても愛おしくて。今あの9人にしか見えない景色をあの人達は見てて、もっともっと特別な時間があの9人の間に流れてるんだろうなと想うと、涙が止まらなかった。青春だなぁ、羨ましい。

  東京ドームでの4thライブも11月に決定した。きっとAqoursは今よりもっと大きくなって、また僕の前に現れるのだろう。挑戦を止めずに真っ直ぐ我が道を突き進むAqoursは一体次にどんな景色を見せてくれるのか、ワクワクが止まらない。来たる11月、Aqoursに胸を張って会いに行けるように僕も日々精進。

 

6月9日  きうい

生き方の指標

僕、こう見えても結構ラブライブ好きなんですよ。今回はラブライブに限った話をしますが、沢山の人が色んなアニメを見て、その作品に影響されながら生きてると思います。じゃあ、僕がラブライブを見て自分の中の何が変化したかと言ったら"生き方"の一言に尽きます。

無印ではとことん『 自分のやりたいこと、本当の気持ちって何だろう?』って問いかけに対して、それぞれのキャラクターは真剣に悩み、答えを出していきました。そしてそれら物語の裏には『 やりたいこと、本当の気持ちに素直になることで物事は好転する』と言う強いメッセージを感じました。やっぱりこのメッセージが僕の生き方の指標の半分を形作っています。

最近、就活が終わりましたが、会社選びに当たっては自分が会社に入って何がしたいのか?をちゃんと考えるように心掛けたし、もっと日常的な所でやりたい事に対しては素直にやってみる事にしてます。因みに社会人になったらアルトサックスを吹いてみたいです。(アナルセックスではない)

 もう半分はやっぱりサンシャインから来ています。僕、普通なんですよ。大学に入っても僕より頭の良い奴が沢山居て、高校の頃水球をしてたんですけど、僕より強い奴なんてこれまた大量に居て、バイトしてても僕よりテキパキ働いてる奴だって居るし。

ただ、ラブライブ!サンシャイン!!って物語は『 自分が普通の人間である事を認めた上で、その普通な自分を愛してやれ』って、そんな自己肯定の物語だったなって思うんですよ。Twitter見てれば分かると思いますが、僕の自己肯定感の高さは確実にサンシャイン由来です。

 

という訳で、ラブライブは僕という人間の根底で常に生き続けている話でした。

ぉゎり。

二日酔い

昨日一日中二日酔いでぶっ倒れてたんすよ。

僕自身お酒にはそこまで強くないんですけど、どうしても酔っ払って喋るのが楽しくなるとついつい追加でお酒を買ってしまって、次の日に痛い目を見るんすよね。(特に一昨日のキャスは喋っててめちゃくちゃ楽しかった。)

まぁ、こうやって二日酔いで一日を潰した経験って1度や2度じゃなくて、結構あるんですけど、やっぱり辛いですね。もう絶対に酒で失敗してたまるかって毎回思うんだけど、結局またアルコールに手を染めてしまう。(もしかしてこれってアル中では?)

だから最近は9%のチューハイは控えて度数の低い金麦を積極的に飲むようにしてたんですけど、これがまた問題で金麦だと気持ち良く酔っ払えないんですよ。こう、アルコールが回って頭がフワッとして楽しいなぁオイ!!!みたいなテンションになれない。あら大変これは大問題。

9%のチューハイはめっちゃ気持ち良く酔っ払えるけど、次の日に響く……。そこで僕考えたんですけど、『もう、また貴方はそんなにお酒を飲んで!また二日酔いで倒れたいんですか!?』って僕がお酒を飲みすぎる1歩手前で叱ってくれる海未ちゃんが居れば全部解決してくれるな…って。まぁ居ないんですけど。

という訳で(どういう訳で?)向こう3ヶ月くらいは金麦を飲んで過ごそうと思います。

キャスでまた9%のチューハイを飲んでるって僕が言ってたら『こいつ懲りねぇなwww』つって笑ってやって下さい。

あと、皆さんもお酒の飲みすぎには気を付けて下さい。

ぉゎり。

 

トピックモデルを最尤推定する

段々と理解が進んできたのでアウトプットします。メモ書きみたいなのです。

続きを読む