ギャン・バギャム・ソルドン

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

作品を批評する事について ひとりごと

例えば、英文を読むに連れて、英語を読むのは上手くなっていくだろうし、本を読めば読む程に、文章から内容を読み取るのが上手くなっていくと思う。恐らく、アニメ(に限らず映像作品全般)だってそうで、作品に触れれば触れる程に、そこから中身を読み取るのが上手くなっていくのではないだろうか。何かを読み取るには、それ相応の訓練が必要だという事は、当たり前のように言われる。でも、映像作品に関しては、こういう『映像作品の読み取りには訓練が必要だ』という主張を余り見かけない印象を受ける。それは、映像作品が多くの場合は、娯楽や趣味で楽しまれているからだろうし、自分の未熟さを棚に上げて、好きに批評できる土壌があるからなんだと思う。勿論、雑な批評や的外れな批評に対しては、殴り返される覚悟が必要とされる訳だが。

制作側の真意など知る由もないから、自分はこの作品の事を理解しているぞという態度は傲りでしかないとは思う。けど、それを受け入れても、作品から何を読み取るかは自由だという言葉を免罪符にして、自分はこの作品の事を分かったぞと言って、分かったフリをするのは楽しくて、辞められない。特に好きな作品に対しては、そういう態度を取りたくなるし、同時に最大限の読み取りをしたいとも思う。それをするのが、好きな作品に対して果たすべき礼儀であるとも信じていたい。だから、訓練は怠りたくはない。まぁ、訓練と言っても、アニメを見るのは好きなので、結局は娯楽になるんですけどね。

 

『子供向けアニメ』とか『大人向けアニメ』とかそういう言葉が僕は大嫌いだ。多分、人よりもこの言葉に対して持ってる嫌悪感は大きい。そういう概念は確かにあると思う。けど、それは作品の作り手が届けたい対象を選んだりするのに使われる概念であって、受け手が勝手に決めていいものじゃない。ましてや、作品の面白さを語る時に、絶対に持ち出してはいけない言葉だと僕は思ってる。

ジュエルペットプリティーリズムが大好きだった時がある(今も好きですけど)。その時に『子供向けだけど面白い』のような言葉を嫌という程に見てきた。いや、『子供向けだけど』ってどういう意味ですか。子供に向けて作られたアニメは、つまらない前提ですか。分かりやすい描写をするのが子供向けで、そうでないのが大人向けですか。緻密に作られているのが大人向けで、そうでないものは子供向けですか。ふざけるなと思う。目の前の作品を、そんな変な色眼鏡を通して見ないでくれと頼みたい。僕達がアニメについて批評できる事って、面白いとか面白くないとか、好きとか嫌いとか、そういう事だけな筈だ。そう言った価値基準の前では、全ての作品は平等であると思うし、子供向けとか大人向けとか、そういう下らない線引きなんて何も意味を成さない。

R-18のアニメとか例外はあるけど、基本的にアニメは、性別とか年齢に依らずに、全ての人間に対してその門戸を開いてくれてる訳で、そんな作品たちに向けて『これは○○向け』って言葉を投げ付けるのは余りにも無礼だと思うし、何より僕が見ててムカつく。

目の前にある作品を、素直に、何の色眼鏡もかけずに、ただ一つ作品として見てほしいという、恐らく叶わないであろう願い。

TOKIMEKI Runners から3曲だけレビューしてみる

暇になってしもた。最近は暇だから何か書くか~つって徐ろに筆を執る事が多い。TOKIMEKI Runners が発売された時に各曲のレビューを書こうとも思ったけど、流石に全曲は書けないな~となったので、今更だけど好きな曲を3曲だけピックアップして書こうと思う。

その3曲は、あなたの理想のヒロイン、眠れる森に行きたいな、Evergreenの3つになる。因みに、次点で好きな曲は、ダイアモンド、夢への一歩、ドキピポ☆エモーションになってる。僕の観測範囲内だと、Starlight、めっちゃGoing!!、CHASE! が人気を得てる気がする。勿論、どれも好きではあるんだけど、自分の感覚だと上に挙げた3曲が頭一つ抜けて好きで、色んな人が居るな~ってなる。後はまぁ、そういったTwitterのTLでの人気に僕が逆張りしてたいって気持ちも、少なからずある。

上に挙げた3曲に共通してるのが、曲を聞いてる時に頭に浮かぶ情景が、ステージの上にないって事で。例えば、しずくの曲は学校だし、彼方の曲は夢の中、エマの曲はアルプスの草原が曲から思い浮かぶ。そうやって、音楽に触れる事で自分の意識がステージの上じゃない、どこか別の空間に飛んでいくのがめちゃくちゃ気持ち良い。多分、僕はこういう曲が好きなんだと思う。

で、これは9個のソロ曲の全てに言えるんだけど、今まで4コマ漫画なり、スペシャルドラマなりで描かれた、彼女たちの数ある側面が、初めて音楽という形で、一つの世界に過不足なく纏められてるのが良くて。こう、ある一面と一面を一緒に見ることで、キャラクターが今までより立体的になった感じがしてる。曲には飽くまでも今まで描かれたキャラクター像が如実に表れてて、曲を聞き進める度に『そうそう!このキャラはこういう娘なんだよな!』っていう、キャラクター解釈の答え合わせを、作詞者としてるような感覚になるのが凄く楽しい。そして、その解釈が合致する度にめっちゃ気持ち良くなる。ってのが、TOKIMEKI Runners の第一印象だったかな。じゃあ、一曲ずつ見ていく。

あなたの理想のヒロイン は、言葉選びが好きで。喜劇とか、アドリブとか、シナリオとか、演劇部のしずくらしい言葉を選んで使ってるなと思う。嬉しい感情を『喜劇を観終えたような感情』と例えていて、その真っ直ぐな比喩はしずくの誠実さが出てると思うし、比喩表現の拙さは、まだ16歳の少女の等身大の可愛さが出てる気もして好き。しずくって、スクフェス公式組の中でも一段としっかりしていて、1年生ながらも3年生の2人を引っ張っていく強さがあって。そんな娘が初めて『アドリブが苦手だから、私を導いてほしい』と歌って、自分だけに弱さを見せてくれるのが、無限に可愛い。2番の最後に、第2章の始まりと歌って間奏に入っていくのも好き。僕としずくで放課後に稽古していた思い出が、間奏の音楽に合わせて、走馬灯のように流れている気がしてめっちゃ好き。恋心について歌ってる曲ではあるんだけど、演劇とアイドルに一生懸命なしずくが純粋な恋心を歌ってるとは思えなくて。こう、『先輩に恋心を寄せている後輩』をしずくが頑張って演じてくれてる感があって、そこが凄く好き。

眠れる森に行きたいな は、ファンタジックな曲調がやっぱり凄く好きで、オルゴールの音色がとにかく心地いい。眠っている姫に対して彼方は憧れの感情を抱いてるんだけど、その理由が可愛いからではなくて、ずっと寝ててもいいからなのが凄く可愛い。彼方自身もお姫様の衣装を纏ってるんだけど、童話の眠り姫にあるような、王子様が現れるまで寝て待っているって感じの、古いお姫様像に囚われてないのも好き。彼方って不思議な娘で、いつも寝てると思いきや、やる時はビシッと決めるお姉さんなところもあって、でもやっぱり甘えん坊っていう、掴み所のないキャラだと感じていて。そういう、ふわふわしたキャラクターと幻想的な楽曲が無限にマッチしてるのが、多分1番の好きな理由なのかな~と思う。彼方の曲だけ、2番が終わった後に間奏を挟んですぐ終わっちゃうのも好きで。恐らく、この曲はサビを夢の中で歌ってると思うんだけど、間奏を終えて夢から覚めても、まだ眠いと言って寝ちゃって、そのまま曲が終わるのが彼方らしくて、めちゃくちゃ可愛い。

Evergreen はサビの開放感が好き。スイスの民族音楽をベースにしてるのかな多分。AメロやBメロは、故郷のスイスに思いを馳せてるエマの姿が目に浮かんで、その姿とどこか暗くて閉塞感のあるサウンドが重なる。だけど、サビに入った瞬間に視界がパッと開けて、どこまでも高い空と、一面の草原に自分が立ち尽くしている感覚になって、その時の開放感が本当に気持ち良い。個人的にこの曲は、エマが故郷で過ごしている弟たちの事を想って歌ってるのかなと思ってて。落ちサビの『繋いだ手 離さないで…』って歌詞も、弟たちと一緒に歌を口ずさみながら草原を散歩してる自分を想像した時に、ふと思い浮かんだ言葉なのかなって、色々と勘繰ってしまう。てんふぇすの4コマ漫画に、エマが自分の分のハンバーガーを弟にあげた記憶が蘇る時の話があって、それを知ってると、エマが故郷の弟たちの事を想って歌っている構図は、すごく泣けてくるんですよ。優しくて、立派なお姉ちゃんだったエマだからこそ、こんなに優しい歌声で、全てを包み込むような歌が歌えるんだろうな~…って思う。

ふぃ~、書いた書いた。誰か他にレビュー書いてる人、居ないかな~~~。(チラッ)

12月になった

気付いたら12月になっていた。寒い。因みに、両親が沖縄に旅行に行った。僕は留守番。お土産は泡盛を頼んだ。

11月は色々な事があった。虹ヶ咲にハマり、Aqoursのライブに行って、その一週間後にはX21のライブにも行った。多分、1ヶ月でこんなに出掛けて、ライブを見たのは久しぶりだったと思う。

まぁ、娯楽が盛り沢山だったけど、意外と現実はそこまで疎かになっていなかったと思う。楽しい事があった次の日に、胸にある感情を纏めて書いてぽっと出して、一区切り付けて、他の事に目を向けるってのが功を奏した感じはある。ライブを見た2日後に、せっせとPCを弄って進捗報告のスライドを作ってた自分を褒めても、バチは当たらないと思う。

そのせいもあって、頭の中がスッキリしてる。気持ちいい。言葉にならない感情ってあるけど、そういう物を無理に言葉に起こすと途端に陳腐になっちゃうんだよな。だから、多分そういう気持ちとか、景色って曖昧で漠然としたまま、胸に閉まっておいた方がいいんだろうなと思う。それ以外の物だと、割と言葉になる。恐らく、僕が自分の気持ちを見つめる事に慣れたという理由はある。あと結局、僕が何かに対して抱いてる感情って、そんな大層な物じゃ無いんだと思う。でも、それを踏まえても文字を書くというのは、こんなにも楽しい。

ふむ、12月中に研究はほぼほぼ終わらせておきたい。データが集まれば、そっからはスラスラ進みそうな気がするけど、データを集めるのが大変で唸ってる。12月は2018年を10本アニメ挙げて振り返るヤツもしたい。時間見付けて書くンゴ。(多分)

X21のラストライブを終えて

X21 NEXT FUTURE STAGE ~FINAL SEASON~ を見てきました。うん、本当に良いライブだった。楽しかった。何か訳が分からないくらいに良かった。いや、だって2年前につまんないからと言って行かなくなった現場に、まぁ記念というか最後くらいはってノリで行ったのに、こんなに良いライブを見られるとは本気で思ってなかったから。未だに、訳が分からない。他界してからはずっと声優のライブに行ってたのもあって、2年前は当たり前だと思っていた歌とかダンスの凄さに、面食らってしまった。こんなに良かったのか、って。声優のライブに行くようになって僕が思っていた『こういうライブが良いライブだよな』みたいな考えを、再び真正面からぶち壊すようなライブだった。

続きを読む

アニメと舞台の融和について語る

これは、あるフォロワーの方が出した、レヴュースタァライトの舞台評論が主に書かれている同人誌に僕が寄稿させて頂いた文章である。ネットに公開してもいいとの事なので、せっかくだし、ここに置いておく。関係者各位におかれましては、お疲れ様でした。

 

続きを読む

虹ヶ咲が気になるけど何から手を付けていいのか分からない人の為にガイドを書いてみる。

・始めに

TOKIMEKI Runnersが遂に発売されましたね!僕は毎日ニチャニチャ笑みを浮かべながら、全曲ヘビロテしています。さて、このアルバムを切っ掛けにして『虹ヶ咲学園、良いな…!』と感じる人は恐らく、少なくないと思います。ですが、虹ヶ咲学園については11月23日現在、動画コンテンツだけでも公式から50本を超える本数の動画が投稿されており、意外と『どれから手を付けていいのか分からない!』となっている人も居るんじゃないでしょうか。

今回は、そんな人の為に現在上がっている動画コンテンツについての体系化と、それを効率良く漁る手段を紹介しようと思います。

 

続きを読む

Aqours 4th 2日目感想殴り書き

2日目は2階席の後ろの方の、ステージのほぼ正面で見てました。アリーナから見た東京ドームも広かったけど、上の方から全体を見た東京ドームは、更に広く感じられて、少し怖いくらいでした。ステージがすぐそこに見えるのに、それがどのくらい離れてるのかが感覚的に全然掴めなくて、ああいう巨大な空間の中に放り込まれて、距離感が狂うのって、現地でしか味わえない事だし、早速あぁ~やっぱり現地来といて良かったなと思いました。

1日目は目の前で起こってる事に驚き過ぎて、どっひゃあ~~~!!!つってる間に、いつの間にかライブが終わってたんだけど、2日目はまぁ割と落ち着いてライブを見れた感はありました。船が出てきても『まっ、Aqoursのライブだし船、出てくるわなぁ。』って思ってました。それでも驚いたところは驚いたし、見た景色は1日目とは違ったそれでした。

HAPPY PARTY TRAIN の落ちサビでは、花道に本当に虹色のレールが現れて、これが上から見ると凄く綺麗に映えて。ダイスキだったらダイジョウブ!の、まだまだ拙いダンスしか出来ない1期3話時点の千歌たちが考えた、精一杯だけど、とても素朴な振り付けはやっぱり心に来るなぁ…とか思ったり。

想いよひとつになれは、劇中では本来は9人で披露する形になっている訳で。(梨子ちゃんの抜けた穴を、どうにかして埋めようとしたのが1期11話)多分、アニメの中でこの曲を9人で踊ろうとすると、簡単に実現出来ると思うんですよ、梨子が離れる前のフォーメーションに戻るだけだから。勿論、それは技術的な意味じゃなくて、物語的な意味でね。でも、現実でこの曲を9人で踊ることって簡単ではなくて、1人増えるだけでフォーメーション移動とか見栄えとか全部考え直さなきゃいけない訳で。そういう、アニメと現実の間にある乖離を埋める為に、奔走してくれた人が沢山居たのかなぁ…と思うと嬉しくなりました。にしても、あの演出はズルい。

WATER BLUE NEW WORLD では、『海を渡ろう』と歌いながら、本当に光の海を船で渡ってそれを体現してるのがヤバすぎ!!!ってなった。その後のキセキヒカルは、加藤達也さんとオーケストラの皆さん、そして船とそれに乗るAqoursが、1台のカメラでブチ抜かれて1つの画面に収まってる絵面がカッコよすぎて、モニター見ながらやべぇええ!!!つってました。(つってなし)(心の中で言った)

2日目の最後の方にした1人1人の挨拶、何か感動的な言葉をAqoursのみんなは言ってくるのかなと思ったら、意外とそうでもなくて。だって、東京ドームって言う感慨深いステージじゃないですか、それでもAqoursはまだまだ続いていくから、もっとこの先には楽しい事が沢山待っているからと言って、9人とも凄く明るくて前向きな挨拶をしていたのが凄く印象的で。でも、ダブルアンコールで出てきた彼女たちは泣いてたんですよ。最後の挨拶の最中に、胸の中にあったであろう大きな感情を、彼女たちはどれだけ我慢して隠していたのだろう…と考えると来るものがあったし。けどそこには、ファンの前では明るく楽しく振る舞おうとする、アイドルとしての矜恃があって、それがまた尊くて…。

ダブルアンコールの1番最後の、彼女たちの肉声での『ありがとう』もちゃんと聞こえました。2階席の後ろの方、正確には55列目までハッキリと聞こえてました。この席でこんなにハッキリ聞き取れるって事は、多分東京ドーム中に彼女たちAqoursの生の声は響き渡っていたのかなぁ…と思ったし。なんと言うか、人間って頑張ればこんな事まで出来てしまうんだなぁ…っていう事実が、凄すぎて少しだけ打ちのめされたような感じがありました。こんなに頑張っている人間がこの世界に存在してるマジかよ……みたいな。

あの姿を目の当たりにすると、やっぱり僕も頑張らないとなぁって思えてくる。気張って毎日のように頑張るぜオラオラオラオラ!!!みたいな奴にはなれないけど、少し余裕を持って大学を卒業したいンゴねぇ…。

良いライブでした。虹ヶ咲学園のみんなも同じライブを見ていたって事も含めて、本当に良いライブでした。夢への一歩って曲をリリースする大西亜玖璃さんが、この日Aqoursを見て『私もいつかあのエネルギーを届けられる存在になりたい』って言ってる姿を見て、僕は本当に人の夢の始まりを見てるような気になって居ました。はぁん、虹ちゃん……。

こうして、きういンゴはまたいつもの日常に戻っていくのだった。よし、明日から本気出す。

Aqours 4th 1日目感想殴り書き

明日もライブはあるんだけど、明日の朝起きた時や、明日のライブが終わった後に、いま僕の中にあるこの気持ちが消えているんじゃないかと思うと、寂しくて寂しくて。だから、書き残しておきます。

楽しくて、楽しくて、それでいて時にめちゃくちゃ感動して、また楽しくて。そして、最後にAqoursと僕で、ほんの少しちょっとだけ、ありがとうや大好きって気持ちをを交換した。全体を見るとそんなライブだったと思う。

こんなライブが他にあるのか!?って本気で思った。アニメの劇伴を作った人が指揮者をしているオーケストラと共演したアイドルが居たか!?ステージの上から花火を流したステージがあったか!?雪が降ってきたステージがあったか!?船に乗ってステージに突っ込んできたアイドルが居たのか!?居たかもしれないけど、僕は知らない。こんな光景が見れるのはAqoursのライブだけだぞ!!!って気持ち。そんな驚きの連続だった。

僕はやっぱり決めたよHand in Hand に今日1番魅せられて、泣かされてたと思う。この曲では1期1話の時点での、高海千歌の頭の中にあるスクールアイドルとしての理想像が描かれている。だから、1話の挿入歌なのに、振り付けが1話時点での千歌達の実力に似合わず、激しい。だからこそ、歌もダンスもあの頃とは格段にレベルアップした今、自分達の手で掴み取った東京ドームと言う大舞台でそれを披露する事に、僕は何か特別な意味を見出したくなる。千歌があの頃に描いてた理想の、遥か先に今のAqoursが居るんじゃないかと思うと、こう、来るものがあった。

席がめっちゃ良かったんですよ。ステージと自分の間に障害物が何も無くて。神席過ぎた。白状すると、聖なる日の祈りの時に、あんちゃんとしゅかしゅーが横向いた目の前が僕で、ドセンで爆レスを貰ってしまったし。あいきゃんに手を振られたから、めっちゃ派手にワーッ!って振り返したら、同じくワーッ!って感じに振り返してくれたり。Aqours ship から降りたふりりんに、がんばルビィしたら、やり返してくれてり。みんなごめん!!!!!席神すぎてワロタァ!!!みんな可愛すぎゆ…。5万人の視線を集める人の視線が、自分だけに当てられてるかもしれないと思える時の幸せったら、これ以上ないぜ…!

そのお陰でキセキヒカルも初めて生で聞けた上に間近で見れたんですけど、めっちゃ良くて。僕はすわわが近くに来てくれたので、基本的にすわわをじっくり見てました。手を前に突き出して止めた時に、腕全体が力む瞬間まで全部丸見えなんですよ。ヤバすぎる。そして、グッと腕に力が入ると同時に、その人が抱えてる思いまで一緒に込めてるようにも見えて、何か壮絶な物を見てる気がしてました。凄かった…。

やっぱり僕はこれで良いんだよなって、やるべき事に追われながら、その辺に転がってる沢山の娯楽を等しく消費して。そして、たま~にAqoursの事を考えて、ライブに行って、Aqoursやべぇえええええ!!!!つって、Aqoursが大好きだって気持ちを再確認して、そして、またいつもの日常に戻っていく、その繰り返しでいいんだよな。それが僕なんだよなって思った。

てか、てかてか、明日もライブあるの魔剤!?!?楽しみ!!!!今日はもう寝る!!!!また明日!!!!

UNDERTALEの所感

これはネタバレを踏まないでやった方が絶対に面白い作品なんだろうなという予感はあったので、ラスボスとの戦闘以外は完全に初見でプレイしました。

結果としてはNルートend。トリエルやパピルスやアンダイン、メタトンを始めとしたボスと中ボスは全員殺しました。道中でエンカしたモンスターもほぼほぼ殺しました。なのでまぁ、僕が選択した行動に相応しい、気持ち良いとは言えないEDを見ました。

名作という話は聞いていたので、面白い結末を迎えるのかな〜とか、感動する事になるのかな~とか、そんな期待を込めながらゲームしてたんだけど、根本的に違くて、あぁなるほどと。自分の取った選択でゲームの雰囲気も結末も何もかも変わる。その選択の重さこそが、名作と言われる所以なのかなと今は勝手に思ってます。

ラスボスの花居るじゃないですか。僕あの気色悪い花を倒すの1回諦めたんですよ。倒せない仕様になってるなと思って。アズゴア王も、この世界のモンスターも全員殺してきた僕に、絶対に倒せない敵と一生戦い続けさせる罰を、ゲームの作者が与えたのかなって本気で思った。その後に攻略サイトを見て、あの花を殺せると知って殺したんですけど。僕に本気でそんな事を思わせるパワーを持った作品でした。久々に全身震えて、鳥肌の立つような体験した。

なんと言うか、分かり合う為にはどちらかが譲歩しないといけないのかなぁ~と凄く思いました。モンスター達は何もしてない僕を襲ってくるんですよ。だから僕も攻撃する、正当防衛やんそんなの。弱ったら戦う意思なんて無かったと言ってくる。都合が良すぎるでしょ。戦う意思が端から無かったら、最初から攻撃してくるなや。都合の良い奴は嫌いなので殺す。慈悲は無い。譲歩も無い。

パピルスも友達になったらなったで良い奴だとは思う。けど、友達になりたいなら、そっちからちゃんと口を使ってその思いを伝えるのが筋ってもんじゃねぇのと。僕は本気で友達になってもならなくてもどっちでもいいなと思ったので、向こうが言ってきたら友達になってあげるし、言わないなら殺すかって気持ちでいました。そう決めたから、殺したんですけどね。自分で動くことなく、誰かが自分の気持ちに気付いてくれるのを待っている奴、やっぱり好きになれない。

上に書いたように、『自分で行動を起こすべき』とか『思いは口に出して伝えるべき』とか、僕の思想ってやっぱりラブライブにかなり影響されてるんだなって思いました。その思想は間違ってはいないと思う。けど、その思想通りに動けない人間なりモンスターって大量に居て、そんな存在を許してあげないといけなかったのかなって。少しでもこっちが譲歩していれば、友達になっていた世界線もあった訳だから。いや、やっぱりそれでも、何かを許すってめちゃくちゃ難しいなぁ。

PルートもGルートも、これから自分でプレイしてみようと思います。楽しみ。