きういノート

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

アニメの見方とか色々

スクフェスのガチャを回してURが出る確率は1%らしい。じゃあその確率が本当に1%なのかを調べる方法ってあるんですかね?多分、確かめるには無限回ガチャを回して出現度数を調べるしかないと思う。でもそれは出来ない。*1

100回ガチャを回してURが2枚出てきた人にとってはその確率は2%だと思うし、100回引いてURが1枚も出なかった人にとってはその確率は0%だと感じる。確かめるにはもっとガチャを引くしかない。

 結局、何が言いたいかってと『この世界には確かめようのない真の確率と、その確率に従って起こった結果が大量に存在してる』ってことね。

この結果から真の確率を予測することを、推測統計って分野ではやってるんだけど、まぁその話はおいおいするかもしれない。

で、ここからは自分の考え方の話なんすけど、統計って学問に触れてると『目に見える物(結果)の裏側には、目に見えない(真の)何かが潜んでいる』って考え方が自然になってくるんすよ、俺だけかもしれないけど。この考え方が何気に今の自分の半分近くを形成してる。

※目に見えない真の何かの一部が目に見える形になって現れるってイメージ

f:id:kiui_4:20180522180421j:plain

 クソ長い前置きはここまでにして、こっからアニメの見方の話になるんだけど、この考えの延長線上にある『製作者の伝えたい(目に見えない)考えが、物語(目に見える形)となって現れてる』ってのが俺のアニメの見方なんすね。*2

伝えたい事を言葉でまっすぐに表現するアニメは素直で好感持てる場合もあるけど、それは芸術としては愚直。物語で描いた話・映像がそれとなーく製作者の本当に伝えたい事*3の裏返しになってるくらいが自分は好き。アニメのキャラクターは直接自分に向かって説教してこないけど、アニメを見て間接的に製作者の思想を垣間見た気になって、勝手に説教されてる気分になるくらいにメッセージ性のあるアニメが好きなんす。

 だから俺は物語の展開そのものよりも、その展開によって製作者は何を言いたかったのか?何を表現したかったのか?に思いを巡らせるワケ。

 

 ぉゎり

因みに今日は髪の毛を切りに行ったよ、スッキリ。

*1:確率が1%であるって仮説が正しいのか正しくないのかを検証する事は出来ますが、常に危険率を孕んでいるのでここでは出来ないとします

*2:勿論、全てのアニメに対してこの考えを適応してる訳ではないんすけど

*3:まぁ、その伝えたい事ってのは俺の予測の範疇を出ないんだけどね

ラブライブに依存していられない話

アニメ1期のラストシーンの 『 君のこころは輝いてるかい?』この言葉に当てられ俺も何か始めたいと思った。輝きたいと思った。誰よりもラブライブに向き合ってオタクをしていくことも輝く手段の一つだろう、事実自分もそういった思いでラブライブを見ていた節はある。

だから2017年の1年間、ずっとラブライブにどっぷり浸かっていた。でもそれは裏を返せば、ラブライブから受け取った熱量をぶつける先が同じラブライブしか自分には無かったからだ。  いつしか、ラブライブ以外の事にもちゃんと熱量を注げるようになれたらと思うようになった。俺の中にある「きうい」って人格だけじゃなくて、実世界で生きてる俺自身が胸を張って輝いてると言えるようになりたいと思うようになった。

時は流れて2018年4月、身の回りの環境がガラッと変わった。とは言っても、就活が始まったり研究室に配属されたりってだけの変化なんだけど、自分にとってはそれまでの生活とは何かが違っている気がしてならなかった。
自分がこの先、大人として生きていかねばならないって気持ちや、学生のままじゃいられないって実感が突如として湧き出てきたのがその違和感の原因だと思う。

アニメ2期ではダイヤは東京に、鞠莉はイタリアに、果南は海外に旅立つといったように3年生の具体的な進路が描かれた。自分で考えて、自分で未来を選択して、次に向かって進んでいく、俺にはこの3人の行動が他人事には思えなかった。何故なら次は自分が3年生のように自ら行動を起こさなくてはならないからだ。

 こんな風にラブライブからは沢山の感動や教訓、前を向く元気を貰ってる。今度はこのパワーをラブライブに打ち返すんじゃなくて、自分自身が前に進む為に使おうと思う。今の自分にはラブライブから得たパワーをぶつけられる物がある。その一つが学問だったりする。だから今年は研究室で沢山の事を学び散らかしたいと思う。

ラブライブは生活を豊かにする為の一つの手段だ。いや、ラブライブだけじゃない、アニメや音楽全般だってそうだ。趣味や娯楽の立ち位置は本来そうあって然るべきなんだと思う。

沼津に行った帰りの電車でこの文を書いてる。明日はゼミで発表、明後日は社の面接だ。沼津で感じ取った色々な感情や沢山の体験を、明日への活力に変えて生きていく。

いつまでもラブライブに依存してられない。

ぬわぃ~~~ゔ、ぶぇ~~~いず。


kiui-4.hatenablog.jp

 前回のきうノート!(デンッ)Bag-of-Wordsの考え方を身に付けた俺!自然言語処理の大枠について少し理解した気になっていたけど...その先に待っていたのはかな~り難しい確率モデルだったの...!あぁ、俺の卒業研究、どうなっちゃうの~!(本日最初で最後のラブライブ!要素)

 

この前、確率的トピックモデルについて勉強しようとしたらこれがてんで分からなくてね、という訳で暫くはこのモデルを理解するための外堀を埋める勉強になりそうっすね...。次のゼミは水曜だし、火曜日は沼津に謎解きしに行きたいので、今日出来るだけ進めるぞい!

 

続きを読む

Bag of Words を用いたラブライブ!School idol diary のトピック推定

kiui-4.hatenablog.jp

 これの続きです。前回のゼミで形態素解析の概要について発表したら、教授に『Bag of Words の勉強してみたら良いかもしれない。』って言われたので調べてみた。今回も自然言語処理の話です。

 

・ Bag of Words とは?

文書の構造や文法を全て無視して単語の出現回数にのみ注目して、文書に書かれている話題(トピック)を推定すること。

 

 ふむ、何となくは分かったから具体的な分析に移りましょ。

 

続きを読む

クロスアンジュを見た。

5月3日、クロスアンジュ全25話を見終わった。見始めた理由としてはめっちゃ暇だったってのと、TLに居るオタクが好きなアニメとして挙げてたからって感じ。

まぁ~これが面白くて久しぶりに1日中アニメ見てた、この日は朝起きて刀使ノ巫女追いついて、昼から夜にかけてずっとクロスアンジュ見て、夜はこみっくがーるずをMXで見るなどしてた、楽しい。

んで、ちょっとだけ感想を書こうと思う。ただ、このアニメを現時点で見てない人は取り敢えず作品を見てほしい。血が吹き出たり露骨にエロいシーンがあって生理的に無理な人は無理かもしれないけど、自分の目で確かめてほしい、自分の頭で考えて、自分なりの答えを作品から見つけ出してほしい。多分、俺がこう言いたくなる気持ちをクロスアンジュを見た人なら分かってくれると思う。

※こんな感じのアニメね
f:id:kiui_4:20180504140801j:image

 

続きを読む