きういノート

自由帳

函館ユニットカーニバル 感想

4月28日土曜日、函館ユニットカーニバルの2日目をLVで見てきた。ファンミ沼津以来の約4ヶ月ぶりのラブライブ関連のライブってこともあって、ライブ前特有のそわそわした感覚を久しぶりに覚えながら僕は大宮の駅を通過して浦和の映画館に向かった。

『まっ、ユニット曲がメインだしいつもみたいにボロ泣きする事は無いんだろうな!今日は声出して楽しむぞ~!』ってテンションでライブに挑んだ訳だけど、これが完全にフラグだった。ラブライブ!が僕にそんな楽しみ方をさせてくれる筈もなく、ライブが始まる際の演出のカッコよさにグーで殴られた直後、Saint Snowの一曲目、DROPOUT!?で感情が溢れ出してしまい、結局いつものように泣いて地蔵していた。この涙脆さは僕に与えられた宿命みたいなものだと思う、今更どうしようもない。

Saint Snowは確かに1期の時から好きだったけど、それはSELF CONTROL!!とMIRAI TICKETの間にある考え方の対比*1が美しいから、Aqoursと対極をなす存在として完璧に役割を果たしていたから好きって気持ちで、キャラクターとして好きになれたのは2期が終わった後だったように思う。DROPOUT!?の歌詞に於ける

聖良:抑えることなど できない力 持て余してるこの想い

理亞:明日が描けない時も夢は 熱く蠢いてる

それでも Go to the world 止められない 出口のない夢の先を探そう

 から見て取れる2人の止められない想い*2や夢を諦めない姿が大好きで、その思いをキャストの口から大量の熱を込めて発せられていたことにずーっと感動させられてた。特に田野アサミさんのシャウトが物凄くて、確かDROPOUT!?の中だと『夢のー!先を!!!』のところでモロに食らって泣いてしまったし、目を瞑って全力でシャウトしてる時の表情が印象的で未だに脳裏から離れない。(ステージ全体が凄すぎて正直最初の方に見た内容を余り思い出せないんだけど、確かこの部分)田野アサミさんの歌の上手さはワンピースのOPやキュアサニーのキャラソンを聞いてるだけで分かるんだけど、生歌唱は迫力が全然違った。同様にCRASH MINDの歌詞に於ける

答えは今が壊れた後で現れる 

足掻いた時間が無駄とは思わないから 

 の部分は特にアニメ2期の内容を受けているし、Saint Snowが時間や場所を越えて一時的ではあれど夢を見失ったAqoursの背中を押してあげているようにも僕は思える。アニメと言う物語の力を少しだけ借りて、曲や歌の魅力だけでは作れない世界を作り、何倍ものパワーを手にして僕の感情をぐちゃぐちゃに掻き乱してくる。自分がラブライブ!のライブに心の底から取り憑かれた魅力を久々に感じた気がした。田野アサミさんの『何が起ころうと逃げない!』って部分の力強い歌声にまたしても感動させられた。田野アサミさん、僕の涙腺を壊すのが上手過ぎる…。

田野アサミさんと佐藤日向さんが再び登場してからの3曲目SELF CONTROL!!、アニメ2期を通してSaint Snowも含めて周りが刻々と変化していく中で、それでもこの曲が私達の歩んできた軌跡・始まりの曲だと言わんばかりに大切にされてるのが本当に好き。最高だと言われたい!の一心でここまで歩んできた2人の鬼気迫るダンスや歌唱にここでも圧倒されっぱなしだった。

2人の最後のMCも本当に良かった。僕はあんな風に自分の内側から湧き上がってくる感情が抑えきれずに少し涙ぐんでしまうキャストが大好きなのだ。ステージの上で演じたキャラクターの様な振る舞いをしていた人が、1人の声優としてまた表現者としてスポットライトを浴び、自分の素直な気持ちを少しずつゆっくりと紡いでいく姿が大好きなんだ。あんだけ歌って踊れて声で演技も出来て、まるで自分とは生きてる世界が違うんじゃないかと思うけど、でもそんな凄い人達でさえも不安を抱えて生きてるんだ、俺と同じじゃないかって思った。最後の挨拶で頭を下げていた時、田野アサミさんの手が佐藤日向さんの背中に置かれてるを見てグッと来てしまった、まるで本物の姉妹のように見えた。

そして畳み掛けるようなユメ語るよりユメ歌おう、 正直泣いてて全く歌えなかった。ライブ中にずっと感じていたユニット間の垣根が一気に取り払われた感覚があってめちゃくちゃ感動した。全然コンセプトの違う衣装を身に纏った11人が同じ歌を歌ったり、学年ごとに集まってわちゃわちゃしてる光景は、微笑ましいを通り越して無限に愛おしかった。Saint Snowの2人がAqoursの9人と曲中にハグしてるのを見て完全に心をぐちゃぐちゃにされてた。

ライブ終わった後に着ていたTシャツの首元で涙を拭おうとしたらびちょびちょに濡れてて『 うわっ、冷た!』ってなったのも良い思い出。

 無論どのユニットのライブも楽しかったんだけど、ただ今回のSaint Snowのライブは他のユニットを凌駕していたと個人的には思ったし、2人からは全身から迸る程の特別な思いを感じた。上手く言えないけどAqours1stの時に得た感情と同質な何かが今僕の心の中をずっと駆け巡ってる。この気持ちが薄れて消えてしまうのは寂しいと思ったから文を綴った。『 あぁ、僕ってラブライブ好きだったんだなぁ…』って気持ちを再確認出来たのが、もしかしたらこの日1番の収穫だったかもしれない。次の3rdライブも楽しむぞい!

ではまた!拙者、これにて失礼!

 

f:id:kiui_4:20180429145535j:image

P.S.

2人共最高にカッコよかったです。ありがとう!

 

*1:"自分自身を律する"つまり心の中から生まれる衝動を意思で抑え込むSaint Snowと、心から溢れ出てくる衝動に身を任せ走り出すAqoursの対比

*2:ここもSELF CONTROL!!との対比