きういノート

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

3rdライブ。

ライブ後に涙が止まらなくなり、心が感動に支配された1stのようなライブになると勝手に思っていた。アニメ2期の内容を振り返りながら進んでいくライブは確かに1stを彷彿とさせたが、9人からあの頃の初々しさは全く感じられず、2ndライブから更に1回りも2回りも大きくなって、またAqoursは僕の前に姿を見せた。

ライブ全体を包んでいた前向きな雰囲気はアニメ2期の"未来へ向かおう"って姿勢がありのままに出ていたと思った。だからか感動した事は沢山あったけど、終わった後は不思議と晴れやかな気分になって居て、ただ漠然と幸せだなぁ…って気持ちを噛み締めていた。

唐突だが、MIRACLE WAVEで感じた事だけは書き残したかったのでここに記す。ロンダートからバク転までの僅かな時間、サビ前の音楽がもう一巡して。その瞬間に息が出来なくなって、僕には祈ることしか出来なくて。あの数秒がずっと続く気さえして、だから少しの沈黙の後にバク転を成功させた伊波杏樹さんを見た時は本当に嬉しくて。恐らく大技がどうとかは関係なくて、1回の成功の裏にあった伊波杏樹さんの弛まぬ努力と、アニメで果南の過去を肯定しようと努力した高海千歌の姿が重なって見えて。キャストとキャラのシンクロってこういう事なんだなぁ…って思った。

ステージの上で円陣を組んで喜びを分かちあってるAqoursを見ると、言い様のない感情が溢れてしまって。10人目のAqoursとしてライブに参加している気で自分はいるけど、あの9人が作る輪の中に僕が入り込める余地は1mmもなくて、でもそれが何故かとても愛おしくて。今あの9人にしか見えない景色をあの人達は見てて、もっともっと特別な時間があの9人の間に流れてるんだろうなと想うと、涙が止まらなかった。青春だなぁ、羨ましい。

  東京ドームでの4thライブも11月に決定した。きっとAqoursは今よりもっと大きくなって、また僕の前に現れるのだろう。挑戦を止めずに真っ直ぐ我が道を突き進むAqoursは一体次にどんな景色を見せてくれるのか、ワクワクが止まらない。来たる11月、Aqoursに胸を張って会いに行けるように僕も日々精進。

 

6月9日  きうい