きういノート

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

アニメ見るやーつ

研究テーマが具体的になるにつれて、本当にこんな事できるのかよ……となってしまう不安に苛まれてます。という訳で、この1週間くらいは現実逃避も兼ねてアニメを見まくってました。丁度夏アニメの1話がバンバン放送される時期とも重なってまぁ~~~楽しかったすね。

誰の唾も付いていないアニメを見るのやっぱ好きだな~って。そのアニメはもしかしたら、自分の人生にガッツリ影響を与えるような作品になるかもしれないし、はたまた"作品の理念"が気に入らな過ぎてクソクソクソ!って貶すかもしれない。『はい、虚無。』で終わる作品って場合も沢山ある。誰の意思や考えにも左右されずに、ただ己の中にだけ存在する美学に基づいて目の前の芸術に対して価値判断していく、これがクッソ楽しい。ただアニメ見て面白いかそうでないか決めるってだけの話なんだけど、こういう書き方をすると凄く贅沢な遊びに見えるね。

こういう数多の価値判断を通して、自分の好き嫌いが見えてくるのも楽しい。もっと言うと、自分の考え方とか心の構造のようなものが見える気がする。自分より外側に存在する物に触れれば触れるほど、"自分"が見えてくる、これが堪らなく好きなんすね。

僕は自分という人間が何者なのかをもっと知りたい。自分を知るって目的でアニメを見てる訳じゃないけど、少なくとも見る理由の1つにはなってるのかな~とは思う。

そんな訳で今期もアニメ見るか~~~となっています。ぉゎり。

 

因みに今期だと僕はレヴュースタァライト、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術はねバド!がすこすこです。劇場版アニポケもかなり良かったすね。