きういノート

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

タイトルが思い付かねぇ

バトルスピリッツ ブレイヴ、全50話を見届けた。そりゃもう、めちゃくちゃ面白い作品だった。はてブー!の下書きに少しだけ感想を書いていたけど、自分の書いた文章を読みながら、『俺は画面の前でもっと熱狂してた』とか、『もっと俺はこの作品からボロクソに衝撃を受けてた』と思って。どこか自分の文章や魂が作品から1歩引いたところにある感じがして。嫌になって、下書きを全部消して、こんな変哲な感情をいま綴っている。

書ける時は書けるんだよな、何故か。自分の書いた文を読み返してたまに泣いたりするし。そういう文章に限ってパパっと、すらすら筆が走る。特に、人の生の感情に触れられるライブの後とかは、文字綴りてぇ~って衝動にいつも駆られる。

最近は自分が読んでて面白くねぇ文章も、『折角、自分の中に芽生えた感情だから』って理由で表(ブログ)に出すことがあるけど、辞めようと思う。てか、Twitterをもっとそういう感情の捌け口として使うべきなんだよな。先月とかにめっちゃブを更新して、半ば中毒みたいになってるのかもしれない。どこまでも衝動に素直で居たいな~と思ったので、ここらでもう一度ラブライブ!サンシャイン!!1期13話でも見直そうかな。