きういノート

一打粉砕に怒喝の心力を込め、万物を叩き割る剛剣の刃を生み出さん

アニサマ2018雑感 / 同性のアイドルを見る

アニサマ初日に行ってきました。好きなアニメの主題歌が聞けたり、WUGやポピパなど、生で見るのに割と労力を使うグループを一目見れたのは良かったです。後は何より、Aqoursのライブを見れたのが最高でした。これに尽きる。

僕はフェスに出演するAqoursを見たのは初めてだったんですけど、凄かった。さっきまで様々なアーティストが色んな曲を歌っていたステージが、一気にAqoursの色に染まっていくのは圧巻だった。2期の劇伴に合わせて一人ずつステージに登場して、歌って、自己紹介して、MCやって。フェスの筈なのに、ノリまでいつも通~~~りのAqoursで、安心しちゃったし嬉しかった。アニサマに出演するAqoursと言うより、アニサマのステージを乗っ取りにきたAqoursって言い方が相応しいような、そんな印象を受けました。

曲は4つと出演者の中でも特に多くて、今まで知らない曲で虚無と化して体力を温存してた甲斐もあって全力で楽しめました。「勇気はどこに?君の胸に!」でAqoursが花道を通ってセンターステージに来てくれた時、肉眼でメンバー1人1人の顔がハッキリ見えるくらいの距離に9人が居て。Aqoursの背中の大きさ、存在感の大きさはそのままに、実在性を感じられたのがとても幸せでした。ビデオカメラのレンズを1枚通すか通さないかで全然違うんだなと、実感せざるを得なかったです。ステージからAqoursが手を振ってくれて、この距離だと直にコミュニケーション取れてる気がすると思ったら嬉しくなっちゃって、めっちゃ手振りました。

話は変わって。サブタイで少し触れてるんですけど、DearDreamを見れたのが良かったんですよ。いや、良かったって言うのはパフォーマンスが良かったって言う意味よりも、自分の中で男性のアイドルを見れた経験そのものが良かったって意味が強いです。僕は自分でも自覚があるくらいにAqoursを神聖視していて、"神"のように崇めています。ドリフェスのアニメを見てないのもあって、かなり無責任な事を言っているかもしれませんが、一方でDearDreamを見た時はアイドルではあるんだけど、自分に近い"人間"に強く見えたんですね。何でだろうな~って考えたんですけど、性別が違うくらいしか思い当たらなくて。でも、よく考えるとおっぱいもあって、ちんぽが付いてない女性って、僕と根本的に違う生き物じゃないか?って思う時もあるし。僕が童貞なだけと言われたらそれまでですけど、僕にとって女性ってまだまだ未知の存在なんだな~と。「未知だから神聖視できる」って訳じゃないけど、「未知だから神聖視することに違和感を感じにくい」ってのはあるかもしれない。とか、考えてました。

ステージの上で紡いでいた言葉とか、嬉しいって感情に嘘は無いと思ったけど、多少なりともアイドルを演じる上で、素の自分の上に仮面を被っているんだろうな~ってのが、同性であるが故に分かってしまう気がして。とても新鮮な体験だった。いや、良い悪いの話じゃなくて、そもそもアイドルを追いかけるってのはその仮面を愛すことなのかなと思っている節が僕にはあるので。

女性から見たAqours像って、僕とは全然違ってこんな感じなのかな~って思いました。そんな訳で、また新しい世界を1つ垣間見た気がします。