きういノート

自由帳みたいなやつ、色んな感想とか書いてます。

ラブライブ!サンシャイン!!2話『転校生をつかっまえろ!』感想

僕、ラブライブ!サンシャイン!!の何が好きかというと、描いてることに一貫性がある、ってところなんですね。だから1話1話の感想書くの結構ナンセンスかな~と思い始めました。

まぁでも書きます、やるったらやる!あの人たちも言ってた!

 

 

2話です。書きたいことも少ないので手短に行きたいと思います。

 

 

f:id:kiui_4:20170705180816j:plain

 

『武器持っちゃった...』←千歌の言い方好き。

 

前半はほぼギャグパートですね、一定のテンポにそって物語が進んでいく、ダイヤがμ'sのファンであったり、梨子に何度もアタックしたり、衣装のを考えたり、善子が不登校になったり、色々詰め込まれてて楽しいです。

 

ダイヤが放送でμ'sの話をしているのを、ルビィはどんな気持ちで聞いていたんでしょうね...

 

 

 

f:id:kiui_4:20170705180051j:plain

 

2話の本筋はここから一気に描かれます。

 

海の音を聞ければ、何かが変わるのかなって。

変わるよ、きっと。

 

簡単にいわないでよ。

 

のやりとり、今まで誰かの期待を背負ってピアノを弾いてきた梨子と誰の期待も背負ったことの無い千歌の関係がよく表れててめちゃくちゃ好きです。

 

ここの構図は10話の布石ですねぇ...その上に『ほんと、変な人』って台詞もここで出てます。この台詞が10話でめちゃくちゃ良い台詞になってるんですよね。。。

 

 

f:id:kiui_4:20170705180049j:plain

 

海の音って、結局何なんだろうな~未だにピンとは来てません、まぁ僕はこのような曖昧なもの、好きです。

ただ、神秘的な映像と綺麗な音楽があれば、他に何も要らないんじゃないかなって。(海の音の上手い解釈を持ってる人とは是非お話したいですね。)

 

 

ここで流れてる劇伴は『想いのかけら』って名前の曲なんですけど、これは10話で梨子が千歌にピアノで聞かせる『海に還るもの』の元になってるんですよね。この海の音が梨子のインスピレーションに働きかけたのは間違いないんです...面白いなぁ...。

 

 

f:id:kiui_4:20170705180048j:plain

 

海の音が聞けた梨子は曲作りを手伝うことになりました。『詞って何~?多分~、歌のことだと思う~♪』←好き、可愛い。ミュージカルめいた演出好きですね~。

 

 

 

f:id:kiui_4:20170705180046j:plain

 

こうして千歌の家で詞を作ることになりました。スクールアイドルに対してドキドキしたり、好きって思う気持ちを紙に書きなぐっている千歌のことを梨子は羨ましそうに見てるんですよね。昔ピアノを心から楽しんでいた頃の自分と重ねてしまう梨子、切ない。

 

千歌はここでユメノトビラの歌詞を渡すんですけど、この曲の歌詞は決めたよHand in Hand の歌詞と似ているんですね。

ユメのトビラ ずっと探し続けた

何を探してる 分からないけど入り口はここかも

の繋がり具合、すごい。

 

 

 

f:id:kiui_4:20170705180045j:plain

 何をしても楽しくない、変われないと言う梨子を千歌はスクールアイドルに誘います。変わらなくていいんですよね。ラブライブ!サンシャイン!!がテーマとして描いたことの一つに自分の中にある気に入らない一面を受け入れる事、自己肯定があると思ってて、その発端であるシーンですね。2話4話5話12話がこれについて描いてます。

 

 

 スクールアイドルをして笑顔になれたら、またピアノと向き合えばいい。という千歌、これは『嫌なことがあったら、それを忘れるくらい違う楽しいことをして過ごそう!』と解釈出来ると思うんですけど、これは未熟DREAMERの『嵐が来たら 晴れるまで遊ぼう 歌えばきっと楽しいはずさ。』に繋がってくるんですね...僕はこういうこじつけ大好きです。

 

 

 梨子が抱えている問題は10話11話で掘り返されるのでその時にでも書こうかなと思います。

 

 

f:id:kiui_4:20170705180042j:plain

 

 手が触れ合う瞬間にEDが流れるシーン、芸術的ですねぇ~。手を伸ばすこと、そして手を取り合うこと、大事に描かれてますよねこの作品。高海千歌という人間を体現してる素晴らしいシーンです。100点。

 

 

というのが2話の感想ですかね~、梨子の加入と10話への布石をめちゃくちゃ丁寧にしてる印象です。拙い文章ですが2話と10話の繋がりを理解して、素晴らしいシーンを再確認してもらえたら僕はとても嬉しいです。ではでは

 

 

                                    きうい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!1話『輝きたい!!』感想

初めてブログ書きます。

 

感想の断片をTwitterに投げるのにも限界を感じてきたので、ここでまとまった感想を書いてみようかなと思った次第です。2期が始まる頃には13話分書けてたらいいな〜って感じです。モチベも長続きするか分かりません。。。

 

基本的に、画面を見て分かる事、読み取れる事を書いて、そこから自分が考えた事、思った事を片っ端から書いていこうかなと。

 

興味ある方はお付き合い下さい。

 

f:id:kiui_4:20170705144135j:plain

まずは1話冒頭ですね、何回見ても素晴らしい始まり方だと思います。このシーン、『何かに夢中になりたいけど何をすればいいのか分からない高海千歌が、スクールアイドル(夢中になれる事)に出会う。』って内容のシーン何ですけど、それは同時に『何のアニメにもハマれなかった僕がラブライブ!サンシャイン!!という夢中になれるアニメと出会う』シーンでもあるんですよ。もうここから物語の中の高海千歌に自分を投影してしまうんですね…

 

ここで流れてる劇伴は『舞い降りた奇跡』何ですけど、いやぁ…素晴らしい曲過ぎる。この曲、ここ以外でも5話だったり割とギャグ的なシーンでも使われてるんですけど、この曲を聞いて泣くのはこのシーンだけなんですね…使い方が上手すぎる…

 

 

f:id:kiui_4:20170705144224j:plain

OPです、初めて聞いた時は衝撃を受けました。『なんかやべぇアニメ始まったな…』ってのが初めて見た時の率直な感想です。畑亜貴さん曰く「無謀な感じ」を詰め込みたかったって言ってましたけど、僕は『いつもの世界が 新しい扉を 隠してるの 全部開けたいよ ほら一緒にね!』って部分が堪らなく好きで、『この世界に面白い事は溢れてるんだけど、僕達はまだそれに気付いていないだけ』って解釈出来ると思うんですが、今までこの作品に出会っていなかった僕に深く突き刺さるんですよね。

 

 

f:id:kiui_4:20170705145057j:plain

もう1話に関して話したいことの半分以上は書けた感ありますね。ここのルビィめっちゃ可愛くて好き。僕の中でアニメは基本的に見ていて楽しいものであってほしい、というのがありまして、1話の中に重要な要素が何個かあって、それを織り交ぜながら常に見ていて楽しかったり、キャラが可愛かったり、そういうのを欠かさない画面作りがめちゃくちゃ好きです。

 

 

f:id:kiui_4:20170705145638j:plain

 いやぁ~本当に見ていて楽しい。さりげなく花丸が彼氏ムーヴしてたり、曜がめちゃくちゃ引いてるのとか面白いですよね。この先、曜と善子は一緒のバスで帰るくらいには仲良くなるんですけど、一体どんな会話してるんでしょうね~気になる。

 

 

f:id:kiui_4:20170705145911j:plain

このシーン、千歌がダイヤに申請を断られるシーンなんですけど、向かい風が吹いてるんですよね。何故、向かい風が吹いているか?それはアニメだから、だと私は思ってます。前途多難であることのメタファーなんですね、こういう表現の仕方はアニメが持つ根本の面白さだと思うんです。

 

 

 

f:id:kiui_4:20170705150354j:plain

千歌と梨子が出会うシーンです。

私ね、普通なの。

って千歌さんの台詞、僕が大好きな台詞です。というか高海千歌さんが大好きすぎる。

千歌はこの先色々なものに触れたり、壁にぶつかったりするんですけど、千歌がそんな時にする行動って"考える"ことなんですよね、部屋で寝っ転がって。それが本当に好き。

僕が今まで見てきたアニメは壁に当たると、それを乗り越える為に"気付き"をどこからか得る話が多かったんですけど、高海千歌はひたすらに思考、思考、思考なんですよね。この人間臭さに間違いなく僕は魅了されてしまったんです。

特に5話8話12話あたりが顕著なんですけど、それはその時に書こうと思います。

 

 

f:id:kiui_4:20170705152318j:plain

曜が加入しました、いやぁ~テンポが早いの好きですね。ここの用紙が水に落ちた次のカットで生徒会室の机の上にあるの天才的に面白い。曜については11話で色々あるのでその時にでも書こうかなと、ただ、ここでちゃんと台詞として名言されてるのは曜→千歌への一方的な思いなんですよね。

 

 

 

f:id:kiui_4:20170705152908j:plain

梨子が転校してきてからの、決めたよHand in Hand。この曲も好きですね~、ラブライブ!サンシャイン!!の挿入歌の歌詞は、思いっきり本編の内容を踏まえて書かれていると思ってます。

 

特に『何かに夢中になりたいけど何をすればいいのか分からない高海千歌』に対して、この曲の歌詞はそのアンサーを仄めかしてる、と感じます。

重要な歌詞の部分を挙げると、『それは君の中に眠ってる情熱 もうすぐ目覚めそう...気づいて!』『動き出さなきゃ始まらないよ』辺りですかね。

 

前者はまんま1話冒頭の千歌に対する問いかけだと思っていて、それと同時に自分への問いかけでもあって、僕の中にあるラブライブへの情熱を揺さぶられる感じがしました。

後者は3話に繋がってくる歌詞ですね、『でも、ただ見てるだけじゃ始まらない』って千歌が言ったことの根拠がここにあると思ってます。

 

ライブシーンも本当に良くて、桜が咲くシーンなんかも盛り上がりますね、こういう現実と非現実の溶け合いが好きなんですよねぇ~...。ライブシーンは色々な使われ方がされていますけど、1話のライブシーンは特に、キャラクターの感情表現の手法なんですよね、強い。

 

というのが1話の感想かな~、僕の拙い文章だと魅力が伝わらないので、是非自分の目で見てほしいですね。

ラブライブ!サンシャイン!!の面白さはまだまだこんなものではないので、頑張って書こうと思います。ではでは

 

 

                                    きうい